「オリーブ帆布」生地ができるまで

オリーブの葉

太陽とオリーブ

香川県の最北端、瀬戸内海に浮かぶ

風光明媚な島 「小豆島 (しょうどしま) 」 

ここは地中海にも似た気候風土のため

日本のオリーブ栽培の歴史が最もある

特別な場所。

 

ここでいっぱいの太陽と瀬戸内海の潮風を

浴びたオリーブ。年に数回の剪定時期に地元

農家様のご協力を得て、剪定された枝から

真緑の「葉」を譲っていただきます。

持ち帰った葉は、含まれた水分をできるだけ

落とすために時間をかけてゆっくりと乾燥

させます。

 

オリーブの葉にはポリフェノールが含まれ

非常に優れた抗菌、殺菌、抗酸化作用が

あるとされています。

 

小豆島のオリーブ農家さま

新鮮な水

讃岐の水

香川県の最南端、瀬戸内海から遠く離れた

讃岐山脈・大滝山から湧き出す天然の水を

染めに使う量だけ汲みにいきます。

 

周辺は日常の忙しさを忘れさせてくれる

水と木と空だけの世界です。

自然からいただいた「水」は24時間以内に

新鮮なまま、オリーブの葉とかけ合わせます。

 

結びつける

オリーブ染め行程

いよいよ瀬戸内の自然の恵みがたくさん

詰まった「葉」と「水」の結びあわせです。

たっぷりの葉を使い、オリーブのエキスを

抽出します。

 

時間をかけて乾燥させた葉ほど水に色素が

移ってくれます。

これで「オリーブ染液」の完成です。

 

あらかじめ下処理をしておいた生成り

帆布をオリーブ染液と※媒染液に

何度も交互につけ込むことで徐々に

ナチュラルな風合いと大人の渋みを

あわせもつ生地に仕上がっていきます。

 

最後は冷水でしっかりとすすぎ、

ゆっくり乾燥させると

「オリーブ帆布」の完成です。

 ※媒染液  色素を定着させ同時に色止め効果もある液

 

オリーブ帆布製品へ

瀬戸内海とオリーブ帆布

他にはない、瀬戸内がまるごと詰まった

プレミアム生地 【Olive帆布】

いくつもの工程を経て作り上げられた

この生地をCargo Ship工房にて裁断、縫製。

機能性と、美しさをあわせもつOlive帆布バッグ

をお客様のもとへ。

 

オリーブ帆布

暮らしに彩りを...

  80色からのオーダーメイドはこちら

カーゴシップロゴ